イタリア好き@個人旅行 フィレンツェ観光*トスカーナ観光
Home | フィレンツェ | トスカーナ| ローマ | 思い出写真 | バールに立ち寄る | 美味しく食べる | 個人通訳 | お客様の声 | リンク | プロフィール | ブログ |
カフェの種類

イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行
カフェ(エスプレッソコーヒー)

イタリアを代表するコーヒー。デミタスカップに入った少量のコーヒーです。砂糖を入れて軽くかき混ぜると、最後の数滴に砂糖が含まれてほんのり甘く後味が良くなります。

甘党のイタリア人で砂糖を2袋入れる姿も見られます。

イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行

カフェマッキアート

マッキアートはシミの意味。カフェに泡状のミルクをほんの少し加えるので、カフェの苦みが押さえられて、まろやかな味になります。

イタリアではカフェもカフェマッキアートも同料金です。
カプチーノ

カフェと泡状のミルクを半々の分量で入れます。上にホワホワの細かいミルクの泡が出来るので、ここにお好みでカカオやシナモンパウダーを加えることもあり。

日本ではミルクで絵を書いたものが人気がありますが、イタリアでは観光地以外ではあまりお目にかかりません。いたってシンプルなカプチーノです。
カフェラッテ / ラッテマッキアート

ラッテはミルクの意味。日本語でコーヒー牛乳。フランス語でカフェオーレ。

ラッテマッキアートはミルクの量がやや多めになります。
イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行
カフェドッピオ / カフェアメリカーノ /カフェルンゴ

カフェドッピオのドッピオは2倍の意味で、2杯分のカフェを飲みたい人が注文します。

カフェアメリカーノはアメリカンコーヒーですが、日本のようなドリップ式のコーヒーではなく、1杯分のカフェに熱湯を加えたものです。

ルンゴは長いという意味で、通常のエスプレッソコーヒーより量がやや多めになります。カップの半分以下が通常のエスプレッソコーヒーの量ですが、ルンゴは半分くらいまで注ぎます。
カフェマロッキーノ


モロッコ式カフェという意味。

「液状チョコレート+カフェ+ミルク+カカオパウダー+ミルク(+カカオパウダー)」

の順に入れていくのを良く見かけますが、作る人やバールによって順不同です。チョコレートの甘さとカカオパウダーが利いていて美味。
カフェドルゾ
(コン ブッチャダアランチャ)

オルゾ(ドルゾ)は大麦のことで、大麦コーヒーです。カフェインが入っていないので身体に優しいデカフェインコーヒーです。こっくりとまろやかな味わい。

ここにオレンジピールを加えたものが「カフェドルゾ・コンブッチャダアランチャ」。オジンジの芳香とオルゾの優しい味が身体を温め、心がほっとします。
カフェコレット


おじちゃん達が好んで頼むリキュール入りカフェのことで、ウイスキーやグラッパなどお好みのリキュールが少量入ります。

お肉類を食べて胃が重たく感じるときに、アルコール度数の強い食後酒グラッパの代わりに、カフェコレットを頼んでもよいでしょう。口の中にカッという強いアルコール分が残りますが、お腹はすっきりします。
イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行
エスプレッシーノ

イタリアの踵、プーリャ州バーリ地方のバールに普通にあります。ほかの州にもあると思いますが、少なくともトスカーナ地方以北では見かけません。さらに南イタリアではカフェを頼むと、お水も無料で付いてきます。

カプチーノは量が多いし、といってカフェは味がきつくて少量だし。こんな思いを持ったバーリ人がいたのでしょう。

この2つの良さを半分づつ取り入れたのがエスプレッシーノ。カフェよりもほんの少し大きめのカップにカプチーノを作ってくれます。
カフェシャケラータ:夏期限定

カフェをシェイクするという意味で、シェイカーに作り立てのカフェと氷を入れて、約1分間シェイクすると出来上がりです。大抵のバールでは、カクテルグラスに注いでくれるので、ちょっと嬉しい気分になります。

シェイクする前に、砂糖を入れるか無糖にするかを聞かれます。なにも言わないと砂糖をたくさん入れらるときがあるので、砂糖なしの場合には注文するときに先に告げておきましょう。ちょっとだけ砂糖を入れると美味しいです。「ポコ・ズッケロ」と言いましょう。無糖は「センザ・ズッケロ」と言います。
イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行
チョコレータカルダ(コンパンナ):
冬期限定

日本でいうホットチョコレートのことですが、日本のココアよりもかなりドロっとしていて、表面が冷めたとおもっても中はまだアチアチだったりしますので注意が必要です。

飲み終えたあとに、口のまわりにチョコレートのお髭ができることがあるので要注意。ダークチョコレートの味はかなり濃厚ですが、後を引かずスッキリした味わいです。

こってりと生クリームを上にのせるのが「コンパンナ」です。生クリームがチョコレートの熱さでジワっと溶けるけど、上の方はまだなんとなく冷たくて、この寒暖の違いと、甘さと苦さのアンバランス感が美味しいです。カロリーは高いけど一度はお試しあれ。
イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行



フィレンツェ トスカーナ ローマ
フィレンツェのマイ・アシスタント フィレンツェの観光ガイド
美しい景色と
美味しい食事を堪能する旅
イタリアンな生活と食の体験
堅苦しいことは抜きにして
フィレンツェを楽しみたい方

フィレンツェの歴史、美術、文化を深く知りたい方 自然に育まれた文化と
素朴な田舎料理に出会いたい方
イタリアとの距離が
ぐっと縮まる体験をしたい方
フィレンツェの
ちょっと変った限定ツアー
フィレンツェでリラックスひとり旅 美味しいワインと
素朴な田舎料理を楽しむ旅
ローマの焙煎会社で学ぶ
本格派バリスタ講習
ひと味違った
フィレンツェ体験をしたい方
ひとり旅でも安心。
一緒に街を歩きましょう。
キャンティ、モンタルチーノ、
モンテプルチャーノ地区
美味しく淹れるにはどうあるべきかを真剣に学習する


Home | フィレンツェ | トスカーナ| ローマ | 思い出写真 | バールに立ち寄る | 美味しく食べる | 個人通訳 | お客様の声 | リンク | プロフィール | ブログ |




Copyright (C) 2007 All right reserved. www.deepinitaly.com / yoko.ig@gmail.com
Photografed by yoko igarashi, aldo fallani, and my friends.