イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行
Home | フィレンツェ | トスカーナ| ローマ | 思い出写真 | バールに立ち寄る | 美味しく食べる | 個人通訳 | お客様の声 | リンク | プロフィール | ブログ |
イタリアとバールと歴史
日常の生活とは切っても切り話せないイタリア人にとってのバールとは?

バールはイタリア文化の1つ

日本で呼ばれている「エスプレッソコーヒー」はイタリアでは簡単に「カフェ」と呼ばれています。どんなに小さな村にも必ずあり、住民が憩いおしゃべりに興じる場所、それがイタリアのバールです。バールは、朝は朝食に、昼はランチに、夜はアペリティフにと、イタリア人のライフスタイルに応じて表情が変化します。もちろん、休憩時や食後の「ちょっと一杯のカフェ」も欠かせません。

そしてイタリアにはコンビニがありません。コンビニの役割を担うのがイタリアではバールです。店内で飲み物を出すだけでなく、パニーノ類、チョコレートやスナックなどのお菓子類、水、お酒、たばこ、携帯電話のプリペイドカード、切手、などバールによっては様々なものが売られています。

イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行


星の数ほどあるバール

それぞれのバールに独特の雰囲気があり、カップのデザイン、内装、音楽など、かなり経営者の個性が反映されています。バールの立地条件でも客層は異なりますが、だいたいにおいて常連客はバールの雰囲気にマッチしているので、バールに入ったらマンウォッチングをしてみると楽しいでしょう。
イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行


バリスタって?

バールで飲み物を作る人のことをバリスタといいます。バリスタといっても十人十色で、きちっとタキシードを着こなしたダンディなおじさまからビシっとお洒落したお姉さままで色々です。でも老若男女のバリスタに共通していることは、見かけは様々でもプロの意識を持って仕事をしていること。そしてお客様のわがままを受け入れ、丁寧に対応しています。

「カフェにお湯を少し足してほしい。」「ミルクは暖めないで脇に置いてくれ。」「泡なしカプチーノください。」とかなんとか、お客さんは言いたい放題。忙しいときなど、次から次へと注文をこなさなければならないのに、こんなわがままな注文も覚えていて手際よく作っていきます。

特にベテランバリスタの動きはしなやかで無駄がありません。手の動きが美しく、とても気持ち良い仕事っぷりです。老舗のバールに入ったらぜひご覧あれ。

イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行 イタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行
バリスタ Gianni Bagatti
取材協力「バール・クエルチ」(フィレンツェ)


バールの歴史

9世紀のアラブでは、コーヒーはすでに日常の飲み物でしたが、トルコ人がコーヒーの入った袋を忘れていったのがきっかけで、ベニスからヨーロッパへとコーヒーが広まったと伝えられています。ベニスではなくトスカーナ地方のリボルノ港で袋が開けられたという説もありますが、1640年にベニスでオープンした「コーヒー工房(Bottega del Caffe)」がヨーロッパ最初のコーヒー会社と言われています。コーヒーは、ウィーン、マルセイユ、ロンドンと広がり、たちまちヨーロッパ人の知るところとなります。

15世紀にローマ法王クレメント8世が、コーヒーを聖化して、初めて一般に常用できるようになりましたが、それ以前の教会は、コーヒーを「悪魔の飲み物」として迫害していました。17世紀の科学者のなかには、それでもコーヒーの毒物性を主張してイタリア旅行 フィレンツェ 個人旅行「生前にコーヒーを飲んだ者は、最後の審判の日にコーヒーの底に残っている黒い固まりのように墓から這い出てくるだろう」と言っていたそうです。

18世紀のスウェーデン国王グスターヴォ3世は、コーヒーの毒物性を研究するために、コーヒーを死刑囚に飲ませることにします。毒であると信じていた国王は、二人の死刑囚に多量のコーヒーを飲ませますが、なかなか死亡せず、結局は80歳以上の長寿をまっとうしました。その後、コーヒーは無害の飲み物として知れ渡るようになり、ヨーロッパ全土に広まったといわれています。



フィレンツェ トスカーナ ローマ
フィレンツェのマイ・アシスタント フィレンツェの観光ガイド
美しい景色と
美味しい食事を堪能する旅
イタリアンな生活と食の体験
堅苦しいことは抜きにして
フィレンツェを楽しみたい方

フィレンツェの歴史、美術、文化を深く知りたい方 自然に育まれた文化と
素朴な田舎料理に出会いたい方
イタリアとの距離が
ぐっと縮まる体験をしたい方
フィレンツェの
ちょっと変った限定ツアー
フィレンツェでリラックスひとり旅 美味しいワインと
素朴な田舎料理を楽しむ旅
ローマの焙煎会社で学ぶ
本格派バリスタ講習
ひと味違った
フィレンツェ体験をしたい方
ひとり旅でも安心。
一緒に街を歩きましょう。
キャンティ、モンタルチーノ、
モンテプルチャーノ地区
美味しく淹れるにはどうあるべきかを真剣に学習する


Home | フィレンツェ | トスカーナ| ローマ | 思い出写真 | バールに立ち寄る | 美味しく食べる | 個人通訳 | お客様の声 | リンク | プロフィール | ブログ |



Copyright (C) 2007 All right reserved. www.deepinitaly.com / yoko.ig@gmail.com
Photografed by yoko igarashi, aldo fallani, and my friends.