イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行
Home | フィレンツェ | トスカーナ| ローマ | 思い出写真 | バールに立ち寄る | 美味しく食べる | 個人通訳 | お客様の声 | リンク | プロフィール | ブログ |
トスカーナで美味しいワインと素朴な田舎料理を楽しむ旅
ワインソムリエの資格を有していますので、ワインの話などを織り込みながらご案内致します。

キャンティクラシコ地区
トスカーナ地方のほとんどの赤ワインは、サンジョヴェーゼ種という黒ブドウをベースに作られます。この種は、イタリアでも最古の品種で、サングエ・ディ・ジョーヴェ(ギリシャ神話のゼウスの血)という意味を持ちます。

キャンティと良く一口で言い表されることもありますが、実は2種類あり、キャンティとキャンティクラシコに分けられます。キャンティは、フィレンツェ、シエナ、アレッツォ、ピサなどトスカーナ地方の広範囲で作られていますが(正確には7カ所)、キャンティクラシコは、フィレンツェからシエナまでの狭い範囲に限られています。

「クラシコ」とは「昔の」という意味で、トスカーナ地方で最も古くからワインが生産されている土地です。中世時代はフィレンツェとシエナとの間で絶えず抗争が起き、それと同時に、貴族がお城や城塞を築いて、戦争のないときには、この土地で余暇を過ごしていました。それまでは森だった土地を切り開いて葡萄やオリーブの木を植えたのが、この土地でワインとオリーブオイルを作り始めた第一歩です。初めて文献にキャンティの名が挙るのが1300年末期。それから、脈々といまも変らずにワインが生産されているのが、このキャンティクラシコの地です。

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行 イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行
サンジョヴェーゼ ヴィンサント用の白葡萄



キャンティ地区
本数限定のワイナリー訪問(所要時間:7時間)


イタリアには中小規模のワイナリーが数多く存在しますが、ここキャンティクラシコ地区にも、情熱と愛情をかけて自分のワイン作りに励んでいる生産者がいます。一房ごと、我が子のように見守った葡萄が、ゆっくりと熟成して、調和のとれたワインへと成長していく。上質のワインが作りたい。そんな目標を持ち、達成している、素敵な生産者に出会いに行きましょう。

ワインの品評会で出会った素晴らしい生産者や、イタリアで名の通っている数種類のワインガイドを参考にしながら、生産者を選別し、生産者と話し、セラーを訪問し、味、対応、立地条件などを考慮した上で、お客様へご紹介しています。 
イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行



キャンティ地区
貴族経営の由緒あるワイナリー訪問(所要時間:7時間)

トスカーナ地方フィレンツェ出身の貴族には、代々伝わる家紋があり、郊外にお城を持つ、世界に名の通った一族が多く存在します。そして現代の公爵は、ワイナリーを所有し、世界各国の喉を潤おす、なかなかの実業家です。

広い葡萄畑を所有し、ワインセラーは歴史の重みを感じさせるものから、モダンなデザイン、趣向を凝らしたものまでさまざまです。セラーの管理は最新のテクノロジーを駆使し、温度や湿度管理はコンピュータ制御。優しく守られて作られたワインは、気品に溢れ洗練された味わいを含んでいることでしょう。せっかくの個人旅行。少数人制で案内する、ご貴族のワイナリーをご紹介します。
イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行


モンタルチーノ地区
ブルネッロディモンタルチーノのワイナリー訪問(所要時間:8時間)

シエナを下ってさらに南へ向かうと、ブルネッロディモンタルチーノの故郷モンタルチーノ町が丘の上に見えてきます。モンタルチーノ町はオルチャ渓谷にあり、中世の面影を残す街並、街をぐるりと取り囲む葡萄畑、カーペットにように色とりどりに敷き詰められた麦畑、どこを見ても絵になる美しい風景につい目を奪われてしまいます。丘の上に聳え立つモンタルチーノ町の周囲には人工的なものは見られず、自然だけがある。そんな人間と自然との共存をこの町に見ることができます。

ピエモンテ地方のバローロと並んで著名なワイン、トスカーナ地方のブルネッロディモンタルチーノはこの地で生れました。時は1800年初期。まだブルネッロという名前のワインは存在していません。当時は土地の葡萄の種、「サンジョヴェーゼ・グロッソ」のことを指していました。

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行

時代は流れ、1800年中頃、ワイン醸造家クレメンテ・サンティが研究を初め、甥のフェルッチョ・ビオンディに引き継がれます。ワイン好きの方ならすでにお分かりのように、この二人の姓名を取って、ワイナリー「ビオンディ・サンティ」が生れました。そして同時に、この地にブルネッロディモンタルチーノが誕生したのです。1865年。初めてサンジョヴェーゼ・グロッソ1種のみでワインを生産することを試みた記念すべき年です。

最低4年間、リセルヴァは5年間の熟成期間を経たあと、オーク製の樽で最低2年間、ボトルに移してさらに最低4ヶ月間寝かせ、やっと市場に出回ります。最短期間でも約6年間かかるブルネッロディモンタルチーノは、辛口でタンニン性のあるがっしりとした味わい。遥々辿り着いたモンタルチーノ。町散策、美味しい食事、そして時間を積み重ねたブルネッロを心ゆくまで味わえるようにご案内します。



モンテプルチャーノ地区
ヴィーノノービレディモンテプルチャーノのワイナリー訪問(所要時間:8時間)

モンテプルチャーノ地区はトスカーナの祖先と言われているエトルリア人の遺跡がたくさん見つかっています。その遺跡のなかには、ワイン用の杯も発見されています。このことから、エトルリア人が栄えた紀元前に、すでにこの地区ではワインが飲用されていたことが分かります。

1900年初頭のヴィーノノービレディモンテプルチャーノは名ばかりが残り、この地区の大半のワイナリーはキャンティワインを生産していました。ところが、60年代に入り、この状況から脱却する動きが始まると、多くのワイナリーが賛同しこれに従います。生産者の努力が報い、1980年にDOCGに認定され、ここからヴィーノノービレディモンテプルチャーノの再生の歴史が始まりました。

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行

DOCGとは保証付き統制原産地呼称といいます。DOCが統制原産地呼称であるのに対して、DOCGはそれにイタリア共和国からの品質の「保証」が付きます。ノービレは、気高いという意味ですが、何世紀にも及ぶ重厚な歴史と昔からこの地で貴族達が生産していたということから、この名前が付けられたと言われています。切れのある辛口で、タンニン性がほどよく効き、芳香と味のバランスのとれた味わいです。

モンテプルチャーノは、坂が多くて迷路のようですが、とにかく坂を登って行けば、一番大きな広場にでます。眼下に広がる風景に目を凝らせば、羊が放牧されていたり、麦畑があったり、葡萄畑があったりと、牧歌的な景色が目に映ります。そしてもう1つの丘の上の小さな町、ピエンツァまで足を延ばしましょう。ルネッサンス期に教皇が理想郷を描いた小さくとても美しい町で、現在は世界遺産に登録されています。展望台からの眺めはまるで鳥の目線。見渡す限りなだらかな丘が甘く美しく連なり、絵本のなかに入り込んだようです。 美しい風景を愛でながら、貴族御用達のワインを楽しむ、優雅な旅にご案内します。



世界遺産を巡りながらワイン堪能。よくばりトスカーナ。

トスカーナ地方はフィレンツェ、サンジミニャーノ、シエナ、オルチャ渓谷と4つの地区が世界遺産に登録されています。すべてを1日では廻りきれないので2タイプに分けました。1つはフィレンツェ近郊のサンジミニャーノとシエナ方面で、もう1つはちょっと遠出してオルチャ渓谷方面です。ワインも好きだけど、街も歩きたい。そんな方へご案内する、よくばり旅スタイルです。
イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行


サンジミニャーノとシエナ方面(所要時間:7時間)

フィレンツェ方面から向かうと、遠く丘の中腹に塔が建ち並ぶサンジミニャーノ街が見えてきます。遠くから見ると、そこだけが中世時代のまま時が止まってしまったかのような錯覚に陥ります。

サンジミニャーノは、14本の塔が立ち並ぶ丘の上に立つ小さな町です。中世時代、貴族が権力を誇示するために、次から次へと高い塔を建設した結果、最も多い時で72本の塔が建っていました。景観的には、さながら、当時のマンハッタンのような感じだったのでしょうか。倒れたり壊したりして、いまは14本が残されています。正面の門から街に入ると、まっすぐにメインストリートが続いています。両脇には色々なお店が建ち並び、冷やかしながら歩くのも楽しいです。

シエナは、フィレンツェに継ぐ大きな古都です。赤茶色の煉瓦で建てられたこの街は、より中世時代の色を濃く残してます。建物が高く道が細いので思わず道に迷ってしまいそうですが、すべての道はカンポ広場に通じていると言っても良いでしょう。両脇の建物で視界を遮られたようなメインストリートを歩いて行くと、突然、広いカンポ広場とそこに聳え立つマンジャの塔が目の前に飛び込んで来んできます。ゴシック様式を取り入れた大聖堂も見逃せません。

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行


オルチャ渓谷方面(所要時間:8時間)

シエナを過ぎてさらに南に下ると、なだらかな丘にポツンと糸杉が佇んでいたり、波のうねりのように丘が連ねいていたり、すべての自然が一枚の絵を構成しているかのようです。この詩的な美しさを持つ風景がオルチャ渓谷の特徴です。

ピエンツァはルネッサンス期に教皇が理想郷を描いた小さくとても美しい町です。なだらかな丘が見渡す限り連なり、絵本のなかに入り込んだようです。モンタルチーノ街は中世の面影を残す街並、街をぐるりと取り囲む葡萄畑、カーペットのように色とりどりに敷き詰められた麦畑、どこを見ても絵になる美しい風景につい目を奪われてしまいます。

オルチャ渓谷には人工的なものはほとんど見られず、自然だけがあります。そんな人間と自然が上手に共存している美しいオルチャ渓谷を存分に堪能してください。

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行



トスカーナ編

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行 トスカーナの美しい景色と
美味しい食事を堪能する旅

フィレンツェ近郊の田舎で
郷土料理に出会う

レオナルドダヴィンチの故郷
ヴィンチ村を訪問

テラコッタ工房見学と
オリーブオイルの試飲を楽しむ


イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行 トスカーナで美味しいワインと
素朴な田舎料理を楽しむ旅

キャンティクラシコ地区
本数限定の☆付きワイナリー
貴族経営の由緒あるワイナリー

モンタルチーノ地区
ブルネッロディモンタルチーノの
ワイナリー


モンテプルチャーノ地区
ヴィーノノービレディ
モンテプルチャーノのワイナリー


よくばりトスカーナ
世界遺産を巡りながらワイン堪能

シエナ&サンジミニャーノ地区
オルチャ渓谷地区

----------------------------------

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行 持ってくると便利なもの

イタリア旅行 トスカーナ 個人旅行 料金概算、お申し込みとお支払い方法

----------------------------------


お問い合わせ先:
yoko.ig@gmail.com




フィレンツェ トスカーナ ローマ
フィレンツェのマイ・アシスタント フィレンツェの観光ガイド
美しい景色と
美味しい食事を堪能する旅
イタリアンな生活と食の体験
堅苦しいことは抜きにして
フィレンツェを楽しみたい方

フィレンツェの歴史、美術、文化を深く知りたい方 自然に育まれた文化と
素朴な田舎料理に出会いたい方
イタリアとの距離が
ぐっと縮まる体験をしたい方
フィレンツェの
ちょっと変った限定ツアー
フィレンツェでリラックスひとり旅 美味しいワインと
素朴な田舎料理を楽しむ旅
ローマの焙煎会社で学ぶ
本格派バリスタ講習
ひと味違った
フィレンツェ体験をしたい方
ひとり旅でも安心。
一緒に街を歩きましょう。
キャンティ、モンタルチーノ、
モンテプルチャーノ地区
美味しく淹れるにはどうあるべきかを真剣に学習する


Home | フィレンツェ | トスカーナ| ローマ | 思い出写真 | バールに立ち寄る | 美味しく食べる | 個人通訳 | お客様の声 | リンク | プロフィール | ブログ |



Copyright (C) 2007 All right reserved. www.deepinitaly.com / yoko.ig@gmail.com
Photografed by yoko igarashi, aldo fallani, and my friends.